アレルケアの使用でなぜカラダの中のバランスが整うのか?

腸と免疫細胞とはどんな関係がある?

腸は栄養を吸収したり、栄養が吸収され不要になった食物を身体の外に送り出す働きをしています。その他、腸にはリンパ球という免疫細胞の多くが集まっています。免疫細胞は体の中に入ってきた無害なものを受け入れ、有害なものは攻撃しています。

腸内には善玉菌と悪玉菌がすみついています。小腸から大腸にかけて腸壁に花畑のように菌が生息し、腸内フローラと呼ばれています。これら腸内細菌は有害なものを排除し、免疫の働きを活性化し、消化吸収を助けています。腸内環境を整えると、免疫細胞の働きがよくなりアレルギー症状の緩和へとつながっていきます。

 

アレルケアとはどんなサプリ?

アレルケアは「L92乳酸菌」という体の中からバランスを整えるといわれている菌です。免疫細胞のバランスを整えることで花粉症、通年性アレルギー鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和する効果があることで知られています。「L92乳酸菌」は善玉菌です。

善玉菌は腸内環境を改善する働きを持っています。免疫細胞は腸内に存在していることから、腸内環境を整えると免疫バランスが整うことがわかっています。「L92乳酸菌」は胃酸で死滅することなく腸まで届き、腸内の免疫細胞を刺激し、増えすぎた免疫細胞とのバランスを整えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *